mineoの料金 少量のデータ通信量なら3GBの契約がお得

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ mineoの最初の選択はドコモかauか

mineoの料金体系は、
 ドコモプランとauプラン
 通話の有無
 データ通信量
この3つの掛け合わせによって料金が決まります。

細かいオプションの設定はありますが、
この3つの選択で料金が決まっていきます。

まず大きな選択としては、
 ドコモプランかauプランか?
があります。

大手の携帯電話会社も多くの格安スマホも
ほとんどは1つの電波しか取り扱いません。

ところが、mineoはドコモとauの両方の回線を
取り扱っています。

両方を取り扱っているメリットは、
ドコモのエリアとauのエリアを選択できるので、

自分が主に使うエリアで対応している
回線が選べることです。

また、ドコモのおよびauのSIMロック端末が
利用できるため、

結果として対象となるユーザーが多くなる、
という点にあります。

この選び方は、端末の種類で決めるか、
電波が入りやすい方で決めます。

■ 通話プランにするかを決める

mineoのプランを決めるにあたり、
次に考えることは、通話をするかしないかです。

通話をしない人はいないかもしれませんが、
ここで決めないといけないことは、

090/080/070で始まる携帯電話の
電話番号を持つか持たないか、
ということです。

最近では固定電話を持たない人も増えていますので、
ずっと使える固定電話のような番号を
持つのであれば、通話契約をします。

もしくは、今使っている電話番号をそのまま
使いたい場合にも通話契約は必要になります。

今や携帯電話の番号は、生涯持ち歩く
電話番号になりつつあります。

固定電話の番号は、引越をすると変わることが
多いのですが、携帯電話の番号は国内に住む限り
同じものを使い続けることができます。

電話番号はLINEの友達を見つけるために
使われてもいますし、いつかけてもつながる
大事な電話番号としても重宝します。

■ データ通信量を決める

最後に、スマホでデータ通信する際に使う
データ通信量の月の上限を決めます。

mineoには、500MBから30GBまで
7つのデータ量が用意されています。

auプランはドコモプランに比べ、
通話ありの場合だけ90円安いですが、
ほぼ同額です。

ドコモプラン

データ量 データ通信のみ 通話あり
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

auプラン

データ量 データ通信のみ 通話あり
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
6GB 1580円 2,190円
10GB 2520円 3,130円
20GB 3980円 4,590円
30GB 5900円 6,510円

データ通信量は今お使いのデータ量から
決めるとよいです。

はじめてスマホを使う場合はわかりにくいと思いますが、
mineoの場合、500MB/1GB/3GBは100円ずつ
違いがありますが、

少量の場合は3GBがもっともお得になります。
まずは3GBで契約するのがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする